保険料が払えないとき

2015年03月31日


私は自営業を営んでいますが、長引く不況のために、収入が減少し、国民年金の保険料が払えない状態になっています。どのようにしたら、よいのでしょうか?



第1号被保険者で、経済的理由などにより、保険料を納めることが困難な場合には、保険料免除制度を利用することができます。

なお、一定の要件を満たしたときは、本人の申請で保険料の全額免除、4分の3免除、半額免除、4分の1免除を受けることができます。



「国民年金保険料免除・納付猶予申請書」を提出します。


  1. 年金手帳または基礎年金番号通知書
  2. 添付書類については、免除申請の理由により、添付書類を確認することが必要です。


お住まいの市区町村の国民年金課の窓口に提出します。



保険料の支払いを怠ると将来、年金を受け取ることができなくなったり、もし、障害になっても、障害年金を受け取ることができなくなります。そこで、この制度を利用することにより、年金を受け取る権利や障害年金を受ける権利を確保することをお勧めします。


PAGE TOP